ロゴマーク 欠陥住宅の調査・診断、第三者検査、建築Gメンの住まい110番「企業組合ハウスドクターやまがた」
お知らせ
当社の「欠陥住宅チェック法」が金スマで放映されました!
会社概要
調査・診断事業
工事現場検査事業
定期報告業務
ハウスドクター通信
リンク集
お問い合わせ
ホームにもどる
建築物の工事現場検査事業(第三者検査)

お問い合わせ・ご相談窓口
023-647-6527 (月〜金 9:00〜17:00)
090-9745-6079 (月〜日 9:00〜20:00)

≪山形県・宮城県・福島県・岩手県・秋田県・青森県・新潟県地域に対応いたします≫

私たちの理念
1. トラブル防止には第三者検査が不可欠
  欠陥住宅を予防するには、第三者である良心的な建築士が、良心的に工事監理を行うことにつきます。住宅の請負工事は、力のある企業と無力な消費者の契約ですので、契約自体が対等ではありません。第三者である専門家を間に入れることで、消費者の正当な権利を主張することができます。
2. 検査員と一緒に自分の目で確認できます
  お客様は検査員から説明を聞きながら、自分の目で施工状態を確かめることができます。不適切な箇所があれば、その理由と、是正の内容を現場で確認することができます。検査員は、経験豊富な専門家ですから、わからないことは何でも聞いてください。
3. 業者の検査や役所の検査とは別の視点で行います
  消費者は健全な建物を受け取る権利があります。消費者の立場に立ち不利な条件はないか、不当な条項はないか、違法性はないかなどの点を調査し、問題点を指摘します。現場では、基礎や躯体など、隠れてしまって欠陥を発見しにくい部分を重点的に検査します。
私たちの約束
1. 工事業者の了解が必要です
  工事中の住宅は、まだ工事業者のものです。業者の了解なしに検査員が現場に立ち入ることはできません。工事契約前に、第三者による検査業務を了解してもらうことが必要です。
2. 検査時間は2時間〜3時間程度です
  検査の回数は、基礎の検査、構造の検査、下地完了時検査が1回〜2回、完成検査が1回です。検査時間はそれぞれ2時間〜3時間程度です。
3. 事情に合った検査を選択できます
  事前相談や工事現場検査を連続して行えば、トラブルのない家づくりが可能になりますが、一部の検査だけでも予防効果はあります。契約書類のチェックだけでもトラブルを防ぐことができます。
検査メニューと料金(税込み)
検査メニュー 見積り額
299万円まで
見積り額
999万円まで
見積り額
2999万円まで
見積り額
3000万円以上
契約書類のチェック
請負契約書、同約款、設計図、仕様書、工事見積書の整合性チェックとアドバイス
22,000円 33,000円 44,000円 55,000円
設計図・見積書のチェック
設計図・仕様書の内容チェック、数量・単価のチェックとアドバイス
22,000円 33,000円 44,000円 55,000円
基礎配筋検査
地盤の確認、鉄筋・配筋・型枠検査、コンクリートの品質確認など
33,000円 44,000円 55,000円 66,000円
構造・金物検査
上棟時の構造検査、筋かい・接合金物のチェック
33,000円 44,000円 55,000円 66,000円
下地・断熱工事検査
木工事の完了検査、下地検査、防水仕様部検査、断熱工事検査など
33,000円 44,000円 55,000円 66,000円
完成検査
完成検査、引渡し検査、設備機器の作動確認など
33,000円 44,000円 55,000円 66,000円
連続検査業務
基礎配筋検査、構造・金物検査、下地・断熱工事検査、完成検査を連続して行う工事検査業務
126,500円 170,500円 214,500円 258,500円

≫建築物の工事監理業務については、その詳細をご確認の上、別途監理料金のご負担をお願いします。
Copyright (c) 2005- house-doctor. All Rights Reserved.